ドイツの特急 : IC

ドイツの特急 ICとは?

● 概要
正式名称はInter Cityで頭文字をとってIC (インテーシティー)と呼ばれています。 ドイツを代表する特急で最高速度は160 ~ 200 km/hです。 フランクフルト、ベルリン、ミュンヘンなどの主要都市とドイツ各都市を結んでいます。 また隣国のポーランド、チェコ、オランダ、スイス、デンマークへ向かうECも運行されています。 国際列車はICではなくEC (Euro CIty : ユーロシティー)として運行されます。

ケルン近郊を走行するIC

▲ ケルン近郊を走行するIC

ライプツィヒ駅で発車を待つ IC

▲ ライプツィヒ駅で発車を待つ IC

人気区間の運賃、所要時間

IC 運行路線図

IC 運行路線図

ICロゴ

▲ ICロゴ

IC

▲ IC

● 予約
ICEは任意予約制なので、ICEの乗車券のみで乗車できます。 座席を確実に確保したい場合は座席指定券 (EUR 4.00)を別途購入してください。

● EUレイルパス
任意予約制なのでEUレイルパス保有者はパスのみでご乗車して頂けます。 (座席を確保したい場合は座席指定券を購入してください。)
ドイツ国鉄の各列車の乗車方法

特急 : IC
主要路線の時刻表

フランクフルト, ベルリン, ミュンヘンなど

フランクフルト中央駅

▲ フランクフルト中央駅

ベルリン中央駅

▲ ベルリン中央駅

乗車前の注意事項

● 注意事項
● スイスを経由してイタリアへ向かうECに乗車してイタリア国内へ向かう場合は予約必須となります。(ドイツ、スイス内の移動は任意予約制)
● 同じ行き先でも経由地が異なる場合があるので経由地を確認して下さい。
● 高速新線が整備されている区間では新幹線 ICEの方が所要時間は短くなります。
● 高速新線が整備されていない在来線の区間では新幹線 ICEと所要時間は同じとなります。
ベルリン中央駅に到着した IC

▲ ベルリン中央駅に到着した IC

ミラノ行き EC

▲ ミラノ行き EC

ICの乗車方法

● 乗車方法
日本の鉄道とドイツの鉄道とでは乗車方法が大きく異なります。 改札がなかったり、おおまかな乗車位置のみを確認できることがあります。 日本では馴染みのない違いが多くあるので、 乗車前に下記のリンク先でしっかり確認することをお勧めします。
ドイツ国鉄の各列車の乗車方法

これで完璧♪
ドイツ国鉄の各列車の乗車方法

改札口がない!?行き先が2つ!?

ICの車両設備

● 座席
1等席はオープンサロンタイプが1+2列配置、コンパートメントタイプが3列、 2等席はオープンサロンタイプが2+2列配置、コンパートメントタイプが3、4列となっています。 一部列車にビストロカー (食堂車)が連結されています。
1等席

▲ 1等席

1等席

▲ 1等席

2等席

▲ 2等席

2等席

▲ 2等席

● その他の設備
荷物置き場は各車両の端と中央に設けられています。 2等席の荷物置き場はすぐに埋まります。 座席と座席の間なども荷物置き場として利用できるのでこちらもご利用下さい。 コンセントは一部の座席のみの設置です。
自転車置き場

▲ 自転車置き場

座席指定区間案内板

▲ 座席指定区間案内板

国際路線を走行するIC

● 国際列車
ポーランド、チェコ、オランダ、スイス、デンマークなど、ドイツに隣接する国に国際列車として乗り入れています。 国際列車ごとにルールが異なるので各国際線 ECページを参照して下さい。
ドイツの国際列車 運行路線図

ドイツの国際列車 運行路線図

チェコ行き EC

▲ チェコ行き EC

イタリア行きEC

▲ イタリア行きEC

ミュンヘン駅で発車を待つ パリ行きTGV

ドイツの国際列車
隣接国へも高速列車で!

運行路線、所要時間、運賃など

ドイツの鉄道の車内設備

● 車内設備
ドイツは日本と同じく鉄道大国です。 国鉄以外にも多くの私鉄路線があるので、座席や設備も個性があります。 非常に多くの写真を用いており、現地に行かないとわからない情報ばかりなので、一度のぞいてみて下さい。
新幹線 ICE

▲ 新幹線 ICE

特急 IC

▲ 特急 IC

快速 RE

▲ 快速 RE

ハンブルクの近郊列車

▲ 近郊列車

フランクフルトの地下鉄

▲ 地下鉄

エッセンのトラム

▲ トラム

ICの1等席

徹底紹介!!!
ドイツの列車の車内

お子様、鉄道ファンも楽しめる♪